【角島ツーリング】バイク乗りなら一度は見たい超絶景!

どうも、いつも近所をうろうろしているバイク好きのご近所ライダーhiroki(@gokinjyo_r)です。

今回はバイクに乗っている方なら一度は行ってほしい角島ツーリングに関してご紹介していきます。

超絶景を見ることができるので、行かれたことがない方はぜひ一度は行って頂きたい場所です。

福岡を午前8時半に出発

今回の角島ツーリングは以前ブログでもご紹介させてもらった友達の I 君と二人で行ってきました。

行きは高速を使わずにいったので、目的地の角島大橋に着いたのは13時頃です。

休憩もはさみながらですが、福岡市内からなんと4時間半!

 

出発の場所によりますが、安全第一なのでライダーの皆さんは長いツーリングのときはしっかりと休憩を取りましょう!

ということで途中によった休憩ポイントもご紹介していきます。

☟ちなみに今回一緒に行った I 君のご紹介はこちらです☟ ※万が一興味があればどうぞwww

ご近所ライダー2号【FZ1に乗る大学からの友達 I 君】

2018.02.17

道の駅 北浦街道豊北

目的地の角島大橋から割と近い位置ではあるのですが、トイレ休憩もかねてこちらの道の駅によりました。

天気が良く、休日だったこともあってかなり賑わってましたね!

 

バイク専用の駐車スペースも広めに取ってあってとめやすかったです。

ラーメン屋さんとかご飯が食べれるところもあったので、食事は角島大橋に着く前にここで済ませるのもありですね!

 

ちなみに道の駅のトイレからの景色です!

トイレからのこの景色いるかな?www

 

この道の駅にちょっとした眺望スペースみたいなところがあって、ここから早くも一面に広がる海を見ることができちゃいます。

奥の方にうっすら見える白い橋が目的地の角島大橋ですね。

ここを出れば割とすぐ着きます。



角島大橋に到着

超絶景の一言です。

下道で時間かけてきたので、達成感も半端なかったですね!

 


角島大橋の途中にちょっと車やバイクをよせられるスペースがあるので、そこで海をバックに写真撮影がこんな感じでできます。

(にしてもデイトナかっこいいにもほどがある・・・)

この場所での撮影会を終えて角島大橋を往復して、超絶景ポイントに戻りました。

ここは角島では有名な撮影スポットで、常に写真撮影する人でいっぱいなので角島大橋まで行けばわかると思います。

せっかく来た思い出にここでのバイクの写真はぜひ撮っておきましょう!

この絶景を見て写真を撮るだけでも充分行く価値はあるのですが、せっかくならご飯なんかも食べてゆっくりしたいですよね?

角島には海鮮丼などが食べれる飲食店も近くに色々あるので、先ほどご紹介した道の駅で食べるのもありですし、到着してから食べるのもありだと思います。

ご参考までに僕がいった近くの飲食店をご紹介します。

しおかぜの里角島

角島大橋を渡って少し行ったところの左手にある看板が目印です。

今回はここで遅めの昼食をとりました。

メニューも豊富で海の幸を使った海鮮丼やうに丼からソフトクリームなどのデザートまでありました。

海鮮丼やうに丼は2000円近くしますが、せっかく角島まできたら贅沢してでも食べたいところですよね!

 

そんなわけでもちろん僕はとんかつ定食を食べました!www

もちろん海鮮丼やうに丼食べたかったですが、ここまで来るのにもガソリン代など掛かってるのでちょっと我慢です。

このとんかつ定食も普通においしかったので全然定食系もありだと思います。

しおかぜの里角島 詳細

  • 山口県下関市豊北町大字角島853-4
  • お土産どころ:083-786-0700
  • お食事どころ:083-786-0611

「絶景見て写真撮って食事もとって、角島ツーリング最高です!」

って形で終わりたかったのですが、帰りにちょっとしたハプニングがあったのでもう少しだけお付き合いください。

急にエンジンがかからなくなる

帰りは北九州から高速に乗る予定にしていたので、高速乗る前にガソリンを入れたのですが・・・

ガソリン入れてエンジンをかけようとしてもなぜか僕のデイトナのエンジンが全くかからなくなりました。

僕一人なら速攻JAFとか呼んでたと思うのですが、I 君の提案でダメもとで押しがけしてみることに。

☟ちなみにJAFに関してはこちらです☟

JAFはバイクもいけるの⁈会員になるべき超絶おすすめな理由とは

2018.01.18

ちなみに手順はこんな感じでした。

  1. 僕がバイクにまたがってクラッチを握ったまま、軽くタイヤを回しながら3速にギアを入れる
  2. 3速にギアが入ったら、後ろから I 君にバイクを押してもらう
  3. バイクにある程度勢いがついたら、クラッチを握った手を思いっきり離す

※勢いつけるためにも軽い坂道からスタートしたほうがいいです。

この手順で行うことなんと2回目

「つながったああぁぁぁぁぁぁーーー!!」

いやいや諦めずにやってみるものですね。

というわけでなんとかエンジンを繋げて無事に家まで帰りつくことができました。

※高速を降りた直後で、ニュートラルに入れずにサイドスタンドをおろすというトリッキーなボケをかましたので押しがけは実は2回やりました。www( I 君にまじ感謝)

まとめ

今回ご紹介した角島はバイク乗りなら一度はぜひ行ってほしい最高のツーリングスポットです!

とにかくあの絶景はやばいぐらい感動です。

まだ行ったことがないという方は天気がいい日にぜひ行ってみてください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

よければシェアおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

hiroki675

近所の周りをうろうろしているご近所ライダー1号。 デイトナ675に乗り日々バイクライフを楽しんでいます。 いまは基本ソロツーリングメインですが、これから九州を中心にブンブンまわっちゃいます!